赤坂街歩き

赤坂を歩いて気づいた事感じた事を発信いたします
<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>

龍馬が赤坂をゆく

龍馬と海舟の出会いについては、本誌(赤坂タウン誌創刊号の立松和平氏の文章に詳しい。が、今回はこの出会いが江戸幕府の終焉を早め、それに果たした二人の役割に触れながら、赤坂の地を龍馬が行き来したであろう姿を想像しつつ、赤坂について考えてみたい。

 ◆出会い

玄武館跡文久2年(1862)、土佐藩を脱藩した坂本龍馬は江戸に出、神田お玉が池にあった北辰一刀流千葉道場「玄武館」を寄宿場所としていた。時代はペリーの浦 賀来航以来、開国か攘夷かで国論が二分し、大老井伊直弼が桜田門外で殺害されるなど、尊皇攘夷派が急進的な行動に出てきていたころであった。
龍馬も土佐勤王党の一員として、攘夷の志を持って、江戸に出て来たのである。一方、勝海舟は万延元年(1860)に幕府の遣米使節団として咸臨丸でアメリカに渡り、帰国後、幕府軍艦奉行並という幕府の要職を務めていた。軍艦奉行並とは、今風にいえば、防衛庁の次官に相当したという。

千葉道場の玄武館に滞在した龍馬は館主千葉定吉の息子で同じ攘夷思想の持ち主である重太郎と共に、幕府の開国派といわれている海舟を殺害するため、同年の後半のある日(10月とも12月ともいわれている)赤坂氷川下(現在赤坂6丁目13-2 ソフトタウン)の海舟の屋敷へ向かった。

しかし、そこで、逆に海舟に「世界の情勢は攘夷などと行っている場合ではなく、海軍を起こし、航海貿易により、富国強兵して、外国と戦わねばならない」と順々と説かれ、龍馬は自分の単純な攘夷論を恥じ、その場で海舟に弟子入りをしたという。
続きを読む >>
赤坂タウン誌より:赤坂の達人になろう | permalink | - | - | pookmark |

三分坂

 

三分坂

急坂なので上るために車賃を余分に銀三分(現在の百円あまり)払わなければならなかったため、この名前が付きました。この坂は傾斜が急な上にカーブが二つもあり、交通量も多いにもかかわらず交通事故はほとんどないとのこと。坂の上り口には江戸時代後期に活躍した力士、雷電為右衛門の墓のある報土寺があります。 

赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |

元氷川坂

 

元氷川坂

坂の途中の東側に本氷川明神があった。明治16年氷川神社に合祀された。氷川坂のうらにあたり、坂の下には江戸末期、勝海舟の屋敷があり、ここに住んでいる時に、咸臨丸の艦長としてアメリカへ渡りました。


赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |

ダルマ宰相 高橋是清 その2

 「赤坂物語」著者 河端淑子

その1よりの続き

是清は安政元年(一八五四年)に幕府の御同胞頭支配絵師の子に生まれたが、故あって芝の仙台藩中屋敷に住む足軽・高橋是忠の養子となった。幼名を和喜次といい、生母との縁が薄かったせいか、生来の利発と陽気に独特の人なつこさが加わり、周囲の人に可愛いがられたという。とりわけ、養祖母の高橋喜代子は実の孫のように可愛がり、口ぐせのように「お前は足軽のままに終わってはいけない」と言って学問に力を入れさせた。

やがて、是清は幼いながら寺小姓をつとめ、元治元年(一八六四年)十歳の時に仙台藩の藩費で横浜の英学塾に入学、それから、三年後の慶応三年(一八六七 年)七月には米国留学生としてアメリカに旅立った。足軽の子としては異例の抜擢であったが、船旅は船賃五ドルの下等船室で、大部屋の臭気と食べ物には堪え がたいものがあったという。
続きを読む >>
赤坂タウン誌より:「赤坂物語」 | permalink | - | - | pookmark |

ダルマ宰相 高橋是清 その1

「赤坂物語」著者 河端淑子

青山通りを赤坂見附から渋谷に向かって歩いていくと、草月会館とカナダ大使館の間にこんもりとした樹々に囲まれた小さな公園がある。クヌギ、椎の木、楓、梅、桜と思い思いに広がった枝の合間からようやく空が見える緑深いこの空間は、さながら都会のオアシスのように道行く人の心を和ませてくれる。

旧称・赤坂表町・現赤坂七丁目にあるこの公園は「高橋是清翁記念公園」といい、昭和十一年に二・二六事件で暗殺された大蔵大臣・高橋是清氏の屋敷跡である。当時の高橋邸の敷地は二千坪あり。高橋氏はここに三十六年の長きにわたって住まわれた。事件後、邸宅は多摩霊園に移され、敷地は東京市に寄附されて、その一部が公園になっている。

今、初夏の昼下がりに公園を訪れてみれば、青葉がきらきらと眩い日差しに照り映え、人々がベンチでくつろぐ、のどかな風景がある。一体、今から五十六年前の二月二十六日の雪の早朝、ここで何が起きたのだろうか?
続きを読む >>
赤坂タウン誌より:「赤坂物語」 | permalink | - | - | pookmark |

高橋是清(1854─1936)

みなさん、最近NHKで放映された「坂の上の雲」をご覧になりましたか。正岡子規や秋山真之の大学の予備校のような共立(きょうりゅう)学校時代の英語の先生として高橋是清が登場します。

彼は赤坂七丁目に長く住み、昭和11年2.26事件で凶弾に倒れ、その自宅で83歳の生涯を閉じることになりました。
続きを読む >>
赤坂と関わった人々 | permalink | - | - | pookmark |

牛鳴坂

 

牛鳴坂

この道は状態が悪くだらだらと長く続くので、荷車を牽く牛が登るに難儀して悲鳴を上げたことからこの名前つけられたといいます。今の青山通りが整備されるまでは、この通りが鎌倉時代には奥州道、江戸時代には厚木街道と呼ばれ、東海道の裏街道として江戸への物資輸送の貴重な動脈となっていました。また、江戸の庶民にとっては厚木にあった大山阿夫利神社への「大山詣で」の道として多いに賑わったといいます。


赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |

丹後坂

 

丹後坂

米倉丹後守(西尾丹後守ともいう)邸があったこことから、こう呼ばれています。元禄元年(1688)に開かれたと推定され、赤坂の中でも古い坂。かつての丹後町と一ツ木町の町界となり、長さ4間、幅4間半の坂ですがあまりの急坂なので何時しか階段となり、人々は丹後段々と呼ぶようになりました。


赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |

円通寺坂



円通寺坂

元禄8年(1695)頃に坂の上に移転してきた円通寺の名前を採った坂。それ以前にも同名の別院があったといいます。昔、このお寺の隣に木造建築のモダンなクリスチャンの幼稚園があり、昭和2〜11年頃には児童数は千人を数えたとも言われています。


赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |

稲荷坂



稲荷坂


坂の下、北側の角地に円通院があり、その境内の稲荷への門があったため、稲荷坂と呼ばれたようになったそうです。

一時坂の途中から坂上の両側に江戸城内の清掃役を務めたご家人の組屋敷があったので掃除坂とも呼ばれていたそうです。

続きを読む >>
赤坂の坂 | permalink | - | - | pookmark |