赤坂街歩き

赤坂を歩いて気づいた事感じた事を発信いたします
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 赤坂街歩きの会のご案内 | main | おいしいランチを食べながら、赤坂街歩きの会 >>

街歩きの会より

  先日の街歩きの会は天気に恵まれ、溜池から始まって、氷川神社、南部坂まで歩き、PM4:00に無事終わることができました。ご参加いただいた皆様ありがとうございました。説明ではあまり詳しくお話できませんでしが、赤坂タウン誌「AKASAKA」で、河端淑子さんが南部坂について詳しく書いていらっしゃいますので、ここで紹介したいと思います。ご一読ください。

赤坂南部坂考
「瑶泉院の春秋」  赤坂物語 河端淑子

 ★爛漫の春
 延宝6(1677)年四月の初め、午後のゆるやかな日溜まりの中、赤穂浅野家の屋敷ではお花見の会がひらかれて笑い声がさざめきこぼれていた。樹齢を重ねた桜の古木は今を盛りに咲きほこり、その下で宴を催している人々の肩に時折り白い花びらがはらはらと舞い落ちた。
 上座には、一対の雛人形のように晴れ着姿の十二才の若君と五才の小さな姫君がならび、家臣の祝福をはしゃぎながら受けていた。若君は五万三千石の播州赤穂藩主・浅野内匠頭長矩(あさのたくみのかみながのり)、姫君は五万石の備後三次(びんごみよし)藩主浅野因幡守長治(あさのいなばのかみながはる)の次女で名は阿久里。つい先年、遠い親戚でもある幼い二人は結納をかわし、阿久里は浅野家の将来の奥方として、赤穂の浅野家の屋敷に乳母とともに引き取られてきたばかりだった。
 長矩は父親の播州赤穂藩主、浅野長直が早生したため九才で城主となった。幼齢で藩主となった長矩に早く正室を決めておかないとという回りの思惑から、一族の中から阿久里が選ばれたといわれる。
 幼い二人は同じ屋敷内でいいなずけ同士として暮らし始め、書は天下一流の北島雪山に、絵は狩野派に、茶道は石州流にと、ともに机を並べて学んだ。阿久里も長矩と同じように父を早く亡くし、どこかさびしい心は兄を慕うように、相手を想い、長矩も愛くるしい顔立ちの上に、素直で利発な阿久里を妹のようにいつくしんだ。二人が正式に夫婦となったのは元禄元(1688)年、長矩24才、阿久里17才の時であるが、12年も兄妹のように育んだ愛情は、自然に愛情へと変わっていった。
 結婚後、幕府の制度にしたがって阿久里は築地鉄砲州にある赤穂浅野家の江戸屋敷に住み、長矩は播州赤穂城から参勤交代のたびに上京してともに過ごした。夫婦となって11年、夫は学究肌の一面、短気で神経質なところもあり、多少の波風はあってもまずは穏やかな日々が過ぎていった。ただ、子宝に恵まれないことと、もうひとつ阿久里の心を痛めていたのは、夫の健康がすぐれないことで、偏頭痛と痞(つかえ)という発作的に胸がふさがって苦しむ持病があり、薬湯の服用が欠かせないことだった。
 ここ数日来も、勅使饗応役という大役を任命されて、精神的な疲労がたまっているせいか偏頭痛に悩まされて、いらだつ夫をはらはらと見守ってきた。そして、勅使饗応の日、ほとんど眠れないまま早朝に目覚めた長矩は、血の気のない顔色で身支度を整えた。とはいえ、仕立ておろしの熨斗目小袖を着た長矩はひときわ凛々しく、城中で着替えるはずの直垂烏帽姿の盛装姿もさぞかしと思われて、阿久里は誇らしげな気持ちと不安とが交錯する複雑な思いで夫の後姿を見送った。
 ★運命の朝
 元禄14(1701)、空は曇り花冷えのする3月14日の朝9時過ぎ、江戸城本丸は緊張した雰囲気に包まれていた。刻々と勅使の到着時間が近づき、城中の 緊迫感が最高潮に達しようという時、松の廊下で騒ぎが持ち上がった。浅野内匠頭長矩が突然、形相を変えて、「この間の遺恨おぼえたか」とわめきながら、指導役の吉良上野介義央(きらこうずのすけよしひさ)の額めがけて小刀を数太刀振り下ろしたのである。刀は烏帽子のかなめにあたり、深手は与えられなかったが、松の廊下の畳には吉良上野介の血が飛び散った。
 浅野内匠頭は取り押さえられ、この騒ぎは即刻、御用人柳沢吉保を通じて将軍綱吉に伝えられた。大事な儀式を目の前にして、身を潔めるため湯浴みをしていた綱吉は激怒し、言下に浅野内匠頭の即日切腹を厳命した。一方、軽傷だった吉良上野介は何のとがも受けず、将軍よりいたわりの言葉をいただいて帰宅した。以前より喧嘩両成敗をとなえていた将軍の措置に、城中でも首を傾ける向きもあった。時に吉良上野介61才、浅野内匠頭35才の春である。
 この知らせは、ただちに築地鉄砲州の赤穂浅野家江戸屋敷に伝えられた。阿久里は一瞬絶句して青ざめながらも、冷静に早急になすべきことを家老と話し合った。藩主が将軍より切腹を命じられることは、即ち、城地没収、家名断絶を意味する。赤穂藩は一朝にして、領地を失い、家臣は主君を失い、全員が失業者の運命となる。ことの重大さに、表面は取り乱さずとも28才の阿久里の胸は次第にはち切れそうなって、声にならない悲鳴をあげていた。「ああ、赤穂藩や皆の行く末はどうなるのやら…。悪夢であって欲しい。奇跡が起こって殿の切腹はまぬがれ得ないのか…」
 悪夢は醒めず、夜になって、その日の夕刻な浅野内匠頭が芝愛宕下(現在港区新橋)の田村邸の庭で切腹したとの報が届いた。遺体はそのまま泉岳寺の葬られ、妻のもとに戻らなかった。阿久里が手にしたのは、
 「風さそう 花よりもなお 我はまた 春の名残りを いかにとやせむ」
 という長矩の辞世の句だけであった。
 鉄砲州の浅野家の江戸屋敷はわずか2日間の猶予で没収されることになり、阿久里は気丈に指示を与え、屋敷内の整理をとどこおりなく済ませて引き渡しに臨んだ。そして、明日は実家に戻るという夜、阿久里は時間をかけて長い黒髪を梳いた後、侍女を呼ぶと髪を切らせた。ざくざくという音とともに、膝に落ちる黒髪を見つめているうち、阿久里の口から嗚咽がもれ始めた。事件後、耐えに耐えていた涙が堰を切ったように流れて膝を濡らした。気難しい夫であったけれど、優しい人だった。幸せの日々も沢山あった。さぞ、無念であったろう。切られた黒髪の束は、二人の大切な思い出の残骸のように思えて阿久里の胸をさらにえぐるのだった。

★赤坂南部坂の日々
 翌日の夕刻、暗くなるのを待って阿久里はごく少数の供を連れて、実家である三次浅野家の赤坂南部坂下屋敷に移った。髪をおろした阿久里は出家名を寿晶院としたが、将軍綱吉の生母が桂昌院と称されたため、晶の字に遠慮して瑶泉院(ようぜいいん)と改めた。
 三次浅野家の下屋敷はかつて盛岡藩主、南部山城守の下屋敷があったところで、そのためにすぐ近くの坂は南部坂と呼ばれるようになった。三百年ちかく経った今も同じ名前で呼ばれている。南部坂は福吉町(現、赤坂2丁目)と今井町(現、六本木2丁目)の境にある険しい坂で、歩きづらいところから難歩坂(なんぶさか)という異名もある。ちなみに江戸には二つ南部坂があり、もう一つは麻布盛岡町の南部坂である。やはり南部屋敷のそばにあるところから坂の名前がついたため誤解されることもあるが、「忠臣蔵」に登場する南部坂は瑶泉院の実家・三次浅野家の下屋敷がある赤坂の南部坂であることは疑いようがない。
 瑶泉院は浅野家南部屋敷の一室で長矩の菩提をとむらう日々を送った。子どもができなかったために、長矩の弟、浅野大学長広(あさのだいがくのかみながひろ)が播州赤穂浅野家の4代目を継ぐことになっていたが、大学長広も事件翌日から閉門蟄居となった。瑶泉院は心中、義弟の閉門が解けて、赤穂城が、旧領地が浅野家に復されるのを願った。世間では、将軍綱吉の片手落ちの判決として浅野家の同情論が高まっていることも、赤穂城代家老、大石内蔵助が浅野家再興に奔走していることも耳に伝わってきて瑶泉院の胸を熱くする。大石に会いたい、瑶泉院の気持ちを察するように、その年の11月3日、大石内蔵助は南部屋敷をおとずれて、改めてお悔やみと、赤穂城明け渡しの時の様子と主家再興の報告をした。その時、大石は瑶泉院化粧料名義で塩田業者に貸してあった690両の回収状況もつたえた。瑶泉院は大石の労をねぎらい、愛用の紫縮緬の丸頭巾を与えた。これが、大石内蔵助と会った最後であった。
 翌年、12月14日夜、大石が率いる47人の赤穂浪士は吉良邸討ち入りに成功し主君の仇をとったため、「忠臣蔵」として講談や芝居で後世に語り継がれることになった。中でも討ち入りの日の夕方、大石が雪降る南部坂に瑶泉院をたずね、それとなく暇乞いをする場面は「雪の別れの南部坂」の名場面として有名になった。けれども、討ち入りの日にだずねた事実はない。瑶泉院はどんな思いで47士の命をかけた討ち入り成功の知らせを聞いただろう。討ち入りの費用は瑶泉院が大石に与えた化粧料から捻出されたという。化粧料は瑶泉院が浅野家嫁入りの持参金である。
 その後、瑶泉院は47士の遺族の赦免に力を注いだ。五代将軍綱吉が亡くなり。家宣が新将軍となった時、大恩赦がおこなわれ、本家である芸州浅野家預かりとなっていた義弟の大学長広も許されて、翌年安房5万石の封地を与えられ旗本に戻った。47士の多くの遺児も恩赦によって武士として奉公先を得た。ささやかながらも、浅野家の再興を我が目で見た後、安堵したように瑶泉院は南部屋敷でひっそりと41才の生涯を閉じた。
 その南部屋敷は現在、赤坂氷川神社となって、都心にありながら緑濃い静謐の中にしんとしてたたずむ。
赤坂タウン誌より:新赤坂紀行 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://akasaka-guide.jugem.jp/trackback/45
この記事に対するトラックバック