赤坂街歩き

赤坂を歩いて気づいた事感じた事を発信いたします
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |
<< 三分坂 | main | 赤坂で3度住居を変えた勝海舟 >>

龍馬が赤坂をゆく

龍馬と海舟の出会いについては、本誌(赤坂タウン誌創刊号の立松和平氏の文章に詳しい。が、今回はこの出会いが江戸幕府の終焉を早め、それに果たした二人の役割に触れながら、赤坂の地を龍馬が行き来したであろう姿を想像しつつ、赤坂について考えてみたい。

 ◆出会い

玄武館跡文久2年(1862)、土佐藩を脱藩した坂本龍馬は江戸に出、神田お玉が池にあった北辰一刀流千葉道場「玄武館」を寄宿場所としていた。時代はペリーの浦 賀来航以来、開国か攘夷かで国論が二分し、大老井伊直弼が桜田門外で殺害されるなど、尊皇攘夷派が急進的な行動に出てきていたころであった。
龍馬も土佐勤王党の一員として、攘夷の志を持って、江戸に出て来たのである。一方、勝海舟は万延元年(1860)に幕府の遣米使節団として咸臨丸でアメリカに渡り、帰国後、幕府軍艦奉行並という幕府の要職を務めていた。軍艦奉行並とは、今風にいえば、防衛庁の次官に相当したという。

千葉道場の玄武館に滞在した龍馬は館主千葉定吉の息子で同じ攘夷思想の持ち主である重太郎と共に、幕府の開国派といわれている海舟を殺害するため、同年の後半のある日(10月とも12月ともいわれている)赤坂氷川下(現在赤坂6丁目13-2 ソフトタウン)の海舟の屋敷へ向かった。

しかし、そこで、逆に海舟に「世界の情勢は攘夷などと行っている場合ではなく、海軍を起こし、航海貿易により、富国強兵して、外国と戦わねばならない」と順々と説かれ、龍馬は自分の単純な攘夷論を恥じ、その場で海舟に弟子入りをしたという。
 ◆神田お玉が池の玄武館と赤坂の距離

龍馬は海舟に弟子入りすると、自分たちと同じように海舟の命を狙らうものがいるために、海舟邸の警護を行うことになった。毎日、神田の玄武館から赤坂まで通ったという。

神田お玉が池の玄武館は今の都営地下鉄岩本町駅のすぐ近くにあり、そこには碑がたっている。江戸時代末期、神田から、赤坂は歩いてそんなに遠い距離ではなかったであろう。外堀を通ったのであろうか、龍馬がどのルートを通って赤坂に来ていたのかは知らない。

しかし、ひょっとすると、赤坂のどこかの通りを通り、赤坂氷川下の屋敷にたどり着いたかもしれない。ここでの出会いが、龍馬にとって大きな思想の転換点となり、新しい社会の創造への第一歩となった。

◆神戸海軍操練所と勝海舟の私塾

その出会いから、龍馬は海舟の軍艦にも乗せてもらい、船の操縦を学び、見聞をひろめ、技術の向上を図り、京、大阪を視察して、多くの人を紹介してもらった。龍馬は海舟やその周辺の人々に出会って己の人生を確立したといっていい。

海舟が海軍奉行を命ぜられ、神戸海軍操練所の全権を委任されると隣に海軍の訓練のための私塾を開き文久3年(1863)、諸藩からの塾生を学ばせることになった。幕府の軍艦操練所は幕臣以外は学べない。門閥主義にとらわれた海軍ではなく、誰もが学べる場として、私塾を開いたのである。この塾の塾頭になったのが龍馬である。塾生は薩摩をはじめとする、長州、土佐などの勤王諸藩や京都での脱藩浪士が主なメンバーであった。龍馬は人を殺戮して、攘夷はならず、海軍の隆盛こそ攘夷への道であるという、勝海舟の考えそのままに、京都の浪士を説得したという

。しかし、元治元年(1864)の禁門の変に長州軍として塾生が参加していたことが、発覚。そのため、海舟は軍艦奉行を解かれ、神戸海軍操練所並びに私塾も閉鎖に追い込まれた。龍馬はここで学んだ技術と塾生を中心に、海舟のアドバイスどおり、平時は海運、通商に従事し、いざと言うときに海軍となるような亀山社中を長崎に設立する。そして、幕末の各藩の武器や軍艦の買い付けなどを行う。

◆勝海舟と龍馬の活躍

京では、長州藩の公家への勢力拡大を危惧した薩摩藩は会津藩と手を結び、攘夷派公家を追放した。それに反発した長州藩は禁門の変を起こし、長州と薩摩との仲は険悪なものになる。海舟は海軍奉行を追われ、閑居中の身であったが、弟子の龍馬は長州の軍艦を薩摩が買い付けることで、薩長連合を画策、東奔西走の結果、慶応2年(1866)1月12日に実現することになった。

この結果、幕府による第二次長州征伐は薩摩藩が出兵拒否し、一気に大政奉還への流れが加速した。

◆赤坂での出会いがなかりせば

慶応3年(1867)10月に大政奉還が布告され、12月には王政復古の大号令が下される。新しい時代の幕開けとなった。しかし、龍馬はそれをまたずに同年11月15日に京都の近江屋で中岡慎太郎とともに暗殺された。龍馬33歳、海舟と出会ってから5年後のことであった。

幕府や藩の利益のみにとらわれることのない、日本という国家の視点をもった海舟の考えに魅せられ、龍馬は弟子として行動をともにした。この二人の組み合わせが、明治という新しい時代を短期間に成就させたといっても過言ではないだろう。あの時、龍馬は赤坂の地をどのように歩いたのかを想像しながら新時代をリードした二人に思いをはせてみるのも楽しいものである。

この記事は「赤坂タウン誌 Vol.17」に掲載した内容を復刻掲載いたしました。
赤坂タウン誌より:赤坂の達人になろう | permalink | - | - | pookmark |

スポンサーサイト

- | permalink | - | - | pookmark |