赤坂街歩き

赤坂を歩いて気づいた事感じた事を発信いたします
<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | - | pookmark |

赤坂街歩きの会第7シリーズ第一回「赤坂の幕末・維新を歩く」

 桜も満開になり、春本番です。赤坂街歩きの会もいよいよ街歩きを開始いたします。今年は第7シリーズとなり、赤坂の街歩きもはじめてから7年目を迎えることになりました。赤坂の歴史を掘下げつつ、赤坂の歴史のにおいを多くの方に伝えていけたらと考えています。よろしくお願いいたします。                                赤坂街歩きの会     
赤坂街歩きの会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

2016年5月22日(日)赤坂街歩きの会ー第6シリーズ第2回

 
久しくブログを休止していましたが、「赤坂街歩きの会」は継続して実施していました。お陰さまで6年目を迎え、第6シリーズとなり、赤坂の歴史を年々深めてきています。今回からまた、ブログにアップし、多くの皆様のご参加をお待ちいたしております。  今回は今まで継続してきた街歩きの中で、会員同士が勉強したり、発見したりしながら掘り出したテーマで、江戸時代の赤坂の街をもっと詳しく、見てみようということで始まったものです。ご興味があれば、是非ご参加ください。
  赤坂街歩きの会」第6シリーズ─第2回のご案内   ─古地図片手に江戸時代前期の赤坂を歩く  皆さんお元気でお過ごしでしょうか。いつも赤坂の街歩きにご 協力いただきありがとうございます。  さて、前回の4月や2月の講演会を通じて、江戸時代前期、江 戸城総構え以降、赤坂はさまざまな出来事を通じて、町の基本的 な形を造り上げてきたことを学びました。そして、今の赤坂はそ の町の原形を残したまま、時代と共に変化してきたことが分かり ます。そのあたりをじっくりと見て歩きたいと思います。  ご参加をお待ちいたしております。  主催 赤坂街歩きの会  【内 容】 日・時   2016 年5月22 日(日)10:00 集合15:00 解散 集合場所  赤坂見附交番前 歩くコース
赤坂見附→赤坂御門跡→外堀と溜池→威徳寺→伊賀者屋敷跡→大岡越前屋敷跡→大身旗本屋敷跡→田町・新町の起立→浄土寺→松平安芸守邸跡→新町4丁目・5丁目の起立→ 浅野内匠頭邸跡→南部坂→浅野土佐守邸跡・氷川神社→解散
参加費 2,000 円(資料代・お土産込み) * 今回から保険料は含まれなくなりました。安全については各自ご注意をお願いいたします。 昼食   実費(2000 円まで) ・小雨決行 ★定員25 名。参加の方は下記へご連絡ください。5月19 日(木)締め切り。 連絡先 090 ─ 4097 ─ 6304(日野) E メール YQL05371@nifty.com ☆次回の街歩きは6月19 日(日)江戸時代後期を歩きます。
赤坂街歩きの会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

「赤坂街歩き」を再開します。

 今まで、東北地方の大震災の影響で中断していた「赤坂の街歩き」を再開いたします。赤坂は江戸時代から現在に至まで、大都市江戸、東京の中心として歴史を刻んできました。地元ならではの歴史を詳しく紹介し、赤坂がもっと楽しく、身近に感じてもらえれば幸いです。是非ご参加をお待ちいたしております。また、赤坂のお隣の青山墓地も明治以来の歴史的に活躍した人物が眠っています。お墓を巡りながら、日本の近代を考えてみませんか。現在は明治以来の変革の時期と言われています。明治、大正、昭和初期の時代を改めて考えてみましょう。

★日本近代史の宝庫─青山墓地を歩いてみませんか。

◆「青山墓地を歩く」のお知らせ

 歴史好き、特に日本近代史に興味のある者にとって青山墓地はたまらない。幕末から明治維新、明治政府を形づくった政治家たち、日清・日ロ戦争を戦った軍人などがここに眠る。その人たちの生きた時代をもう一度考えてみましよう。


 青山墓地歩きは5月から5回に分けてお墓を巡る。

☆第一回 5月22日(日)13:00〜16:00

     「坂の上の雲の登場人物の墓を巡る」Part1

☆第二回 6月19日(日)13:00〜16:00

     「坂の上の雲の登場人物の墓を巡る」part 2、

 参加費 2000円(資料代、保険料含む)/一回

 定 員 25名

 

★赤坂のおいしいものを食べながら

 街の記憶を探る

◆「赤坂街歩きの会」のお知らせ シリーズ1

  赤坂街歩きは6月から5回に分けて知られていない赤坂の「江戸」「幕末」「明治」「大正・昭和初期」「戦後」の時代を歩く。

          

☆第一回 6月4日(日)10: 00〜15: 00

    「黒鍬谷に生きた人々─赤坂の江戸時代を歩く」

☆第二回 7月3日(日)10: 00〜15: 00

    「龍馬も歩いた幕末の赤坂を歩く」


参加費 2000円(資料代、保険料、特典─赤坂名物を含む)/一回

    ランチ(実費1000〜2000円まで) 

定 員 30名

申込み・問合せ先 赤坂街歩きの会 090-4097-6304(日野)

                  e-mail   YQL05371@nifty.com 


主 催 赤坂街歩きの会

後 援 赤坂青山新聞


赤坂街歩きの会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

おいしいランチを食べながら、赤坂街歩きの会

 赤坂のおいしいものを食べながら

街の記憶を探る

◆「赤坂街歩きの会」のお知らせ

 赤坂の街歩きの会は10月から5回に分けて、知られていない赤坂の「江戸」、「幕末」、「明治」、「大正・昭和初期」、「戦後」の街の史跡を探訪する。

●第3回「混乱の中から住民が入れ代わった明治時代を歩く」

▷日時 12月5日(日)10:3015:00

▷コース 乃木邸、山脇高等女学校跡、木戸邸跡、旧中之町尋常小学校・赤坂高等小学校跡、三井総本家跡、勝海舟の青い目のお嫁さんと赤坂教会、旧中之町尋常小学校・赤坂高等小学校跡、旧東京市氷川尋常小学校、代用私立氷川尋常小学校、一条家、九条家、黒田邸跡、代用私立溜池尋常小学校跡、旧赤坂小学校分教場跡など

●第4回「大正ロマンと激動の時代を歩く」

▷日時 110日(月・祝)10:3015:00

▷コース 李韓国皇太子邸跡、赤坂ローヤル館跡、2.26事件(幸楽、山王ホテル)跡、旧府立一中跡、葵館跡、フロリダ跡、演技座跡、花柳界・料亭通り、旧赤坂中学校跡、薬研坂・近衛第3連隊跡、高橋是清邸跡、赤坂能楽堂跡、加奈陀公使館など

●第5回「栄華の後・戦後の華やかなりし頃の赤坂の面影をしのぶ」

 ▷コース ニューラテンクウォーター、月世界、無限、コパカバーナ、ミカド、花柳界(ビルに残る料亭の名前探し)など

▷参加費 各回 二千円(資料代・保険料・赤坂名物を含む) ランチ(実費)

▷講師 藤田薫 日野睦子

▷定員 各回 30

主催 赤坂街歩きの会

後援 赤坂青山新聞

申し込み 090-4097-6304(日野)・YQL05371@nifty.com

赤坂街歩きの会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

赤坂街歩きの会のご案内

 街の記憶を探る

◆「赤坂街歩きの会」のお知らせ

 飲食の街赤坂の美味しいランチを食べながら、赤坂の昔に思いをはせてみませんか。


 赤坂の街は歴史の宝庫。黒鍬谷で暮らした人々が明治期の赤坂の教育に大きく貢献し、勝海舟と坂本龍馬の赤坂での出会いが明治維新への歩みを加速させた。赤坂を歩けばその時代、その時代で大きな役割を担いながら、そして今なおその歴史の延長の中に息づく赤坂を発見するに違いない。この街で、赤坂の人々は何を思い、どのような生活していたかにふれて改めて街を振り返ってみれば、新しい赤坂を発見できるかも知れない。


 赤坂街歩きは、10月から5回に分けて街の史跡を探訪。(知られていない赤坂の「江戸」、「幕末」、「明治」、「大正・昭和初期」、「戦後」の時代を歩く)

主 催 赤坂街歩きの会

後 援 赤坂青山新聞

参加費 2000円(資料代、保険料、特典赤坂名物を含む)/一回

    赤坂離宮でランチ(実費1000〜2000円まで) 

定 員 20

申込み・問合せ先 赤坂街歩きの会 090-4097-6304(日野)

                  e-mail   YQL05371@nifty.com 

          

第一回 10月3日(日) 11: 00〜16: 00

    「黒鍬谷に生きた人々江戸時代を歩く」

    ▷コース 江戸時代の広かった溜池、黒鍬谷、末広稲荷、報土寺、円通寺、忠臣蔵の南部坂、氷川神社などを歩きます。

第二回 11月3 日(水)11: 00〜16: 00

    「龍馬も歩いた幕末の赤坂を歩く」勝海舟邸跡、坂本龍馬、篤姫、

     盛徳寺跡、など

赤坂街歩きの会 | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |